カンボジアから送り出しをされる技能実習生

  • カンボジアから送り出しをされる技能実習生

    • 近年カンボジアから送り出しを受けている技能実習生と呼ばれる若者が日本国内で多く働くようになってきています。


      これは日本の政府が国策として行っている外国人技能実習生制度を利用して研修に来ているカンボジアの若者のことであり、日本の会社で日本人と一緒に働くことにより様々な産業での経験を積むのとともに日本の言葉と文化になれ親しんでもらうということを目的としている制度です。

      現在でもそうですが今後ますます東南アジア企業の進出が進んでいく中で、ビジネスパートナーとして働いていくことのできる現地の若者の存在が重要になってきます。

      そのような人材を積極的に育てて送り出しに協力しようとするのがこの制度なのです。いわゆる工場だけではなく、農業や漁業などの産業においても研修生制度を導入しており、様々な分野で協力することができる人材の育成に力を入れています。


      この制度は広く開かれたものでありカンボジアだけでなく東南アジアの様々な国の若者を日本国内に招き入れる仕組みとなっています。

      幅広い分野のカンボジアの送り出しの情報を今すぐ確認できます。

      業種にもよりますが研修期間は1年から3年程度と決まっており、明確に期間を定めて送り出しを行うと言うのが基本となっています。



      その期間は受け入れ企業が責任を持って生活の保障し、将来的なビジネスパートナーとしてさし成長をサポートすることが義務付けられています。
      このような仕組みはすでに始まっておりかつ多くの若者が技術を身につけるために来日しています。