カンボジアから送り出しをされる技能実習生

  • カンボジア人技能実習生の送り出し

    • 日本国内での労働力不足が深刻な社会問題となってきている中で、最近ではカンボジア人の技能実習生の送り出しに大きな期待が寄せられるようになってきました。カンボジアの文化は、日本の文化と重なる部分も多くあり、お互いの国民の気質が似ているためか、カンボジア人労働者は日本企業で大変歓迎されています。
      かと言って、日本語も分からないカンボジア人にいきなり日本へ来て働いてもらうことは出来ませんから、日本語や必要な技能などを本国にて身につけて、優秀な人材を日本企業に紹介する送り出し機関が存在するのです。


      このような機関では、カンボジア国内で徹底した日本語教育と日本企業で必要とされる技能実習を行い、その中でも選りすぐりの優秀な人材をピックアップして日本企業へと送り出しているようです。

      カンボジアの送り出しのホームページをチェックしましょう。

      このような技能実習生は、紹介を受けて直接日本企業に雇用される場合もありますし、日本国内の派遣会社を通して日本企業で就業する場合もあります。
      どちらの場合においても、技能実習正たちの評判はとても良く、真面目で勤勉、周囲との協調性もあって、仕事もスムーズに進められるという評価を得ているようです。



      少子化の問題もありますから、これから先、どんどんこのようなシステムを活用して、海外からの技能実習生を受け入れていく必要が出てくるのではないかと思われますから、こういった業務を行う機関が増えていくことが望ましいのではないでしょうか。


      日本企業の方でも、外国人を受け入れていく体制を整えていく必要があるかもしれません。